弱視者問題研究会 ロゴ画像

弱視者問題研究会
Association of People with Low Vision

点字ブロックの見やすさ改善に関するの詳細情報

先ごろ、点字ブロックについての国際規格(ISO)が制定され、これをもとにJSなどの国内規格の整備が進められています。

私達は、ブロックの形だけでなく見やすい色についても、規格に盛り込まれるよう、お願いしています。

弱問研が推奨する点字ブロックの色

  • 黄色を基本とするが、路面や床面が白、黄色、クリーム色、淡いベージュ、複雑なカラーパターンなどで、黄色だとかえって見づらい場合に限り、次の代替色とする。
  • 代替色 黄色いブロックの周囲を、グレーや濃い色の帯で囲む。それができない場合には、濃い緑色、焦げ茶色など床面との対比がはっきりした色とする。
  • 周囲との輝度比は、黄色とグレーの組み合わせでは最低2以上、それ以外の色の組み合わせでは3以上。
  • 床面・路面と同系色は採用しない。
  • 点や線の部分だけでなく、四角いブロック全面を同色とする。

注釈

点や線だけを路面や床面に取り付ける「鋲タイプ」は、ISOでは条件付きで認められているが、どのような色の組み合わせや輝度比でも見づらいため、推奨できない。