弱視者問題研究会 ロゴ画像

弱視者問題研究会
Association of People with Low Vision

弱視者問題研究会のご紹介

ごあいさつ

日本の視覚障害者のうちの実に7割が「弱視者」ということをご存知ですか?

こんなに大勢の「弱視者」がいるというのに、「弱視者」の存在はまだまだ社会では知られていないのが現実です、教科書の字が見づらい、駅の表示が見にくいなどのさまざまな問題を抱えています。

そんなわたしたち「弱視者」にも暮らしやすい社会を実現するために、「弱視者」自身の手でできることからやってみようという思いで1977年に結成されたのが「弱視者問題研究会」(略称:弱問研)です。

幅広い年代、職業、見え方の方々が、それぞれ仕事や家庭、勉強の合間に力を出し合って活動しています。会報「弱問研つうしん」の発行、各地域での定例会、新しい出会いを求めての交流会などを行っています。

ひとりでも多くの「弱視者」と出会えるように、そしてその「弱視者」が少しでも生活しやすくなるように、そう願いつつ活動を続けています。

弱視者問題研究会のご紹介

名称
弱視者問題研究会
代表者
並木 正
設立年
1977年(昭和52年)
形態
任意団体
会報
あり…毎月1回発行