弱視者問題研究会 ロゴ画像

弱視者問題研究会
Association of People with Low Vision

ものがにじんで見える

健康なヒトの目は、表面の角膜やレンズの働きをする水晶体、眼球そのもがきれいな楕円形を描いています。これに何らかのゆがみやくぼみがあると、モノが見えにくくなってしまいます。これは一般的に『乱視』といわれる状態で、視力(遠くを見る力)が正常であっても、モノが見えにくく感じることがあります。

弱視者では、原因となる目の病気によって角膜や水晶体、さらには眼球そのものの形がいびつになることがしばしばあります。

乱視は自覚症状がないほど軽い症例もありますが、遠くや近くが見えにくい、まぶしく見える、など複数の見えにくさが重なる弱視では、乱視が目の見やすさに大きく影響することがあります。